初期ロットは売れ残る
7分で分かるApple Watch


  1. はじめに、コレクションモデルと価格
  2. サイズ、四角が死角
  3. Apple Watch Sport
  4. Apple Watch、Apple WatchとApple Watch Sportの価格差
  5. Apple Watch Edition、
  6. 防水性能、機能、まとめ
  7. 予想、結果(予想の検証)

はじめに


ついにApple Watchが発売されました。

発売日が4月24日金曜日、予約開始がその2週間前の4月10日金曜日です。


恐らく本書をご覧になる方は、買ってみようかなと思われる方だと思いますので、どれを買うかの判断材料をご提供しようと思います。

と思って書き始めたのですが、当初3分で読める記事が7分も掛る様になり、更にいつのまにかApple Watchのネガティブ材料の方が多くなり、タイトルも”初期ロットは売れ残る”になってしまいました。

でも、恋は盲目、アバタもえくぼ、蓼食う虫も好々、虎穴に入らずんば虎子を得ず。

それでも構わないので、Apple Watchの全てを知りたいという方は、是非お読み下さい。

何故かApple Watchを称賛する記事ばかりの昨今、異なる見解を聞いてから購入しても決して遅くはないでしょう。

そして最後に辛口経済評論家を真似て、Apple Watchの今後の動向を大胆に予想すると共に、その後の動向を追跡してみたいと思います。

今後も引き続き最終頁にて、Apple Watchの動向を更新していきますので、お楽しみに。

なお直近における最大の関心事は、7月21日に予定されるAppleの第一四半期(4~6月)の業績発表です。



コレクションモデルと価格


最初に知りたいのは、どんなモデルがあるのかと、その価格帯でしょう。

ネット見ると、3種類のコレクション、2種類の大きさ、6種類の本体材質、6種類のバンドがあると言われていますが、それらを全て自由に選べる訳ではありません。


もし自由に選べるとなると選択肢は2x3x6x6=1,296種類に及びますが、さすがにそれは無理で、今回購入できるのは決められた組み合わせの38種類になります。

代表となるモデル(コレクション)は、3タイプです。

1つ目がスポーツタイプで廉価版のApple Watch Sport、2二つ目がスタンダードとなるApple Watch、3つ目がラグジュアリーなゴールドケースのApple Watch Editionです。

各コレクションの選択肢(種類数)とその価格帯(税込み)は以下の通りです。


Apple Watch Sport Apple Watch Apple Watch Edition
10種類 20種類 8種類
46,224円~52,704円 72,144円~143,424円 1,382,400円~2,354,400円


既にご存じでしょうが、一番安い物で46,224円、一番高いのが2,354,400円です。

Apple Watch Editionの100万円を超える金額に度肝を抜かれてしまいますが、アップルは貴金属と革製品でも一儲けし様と企(たくら)んでいる様です。

ちなみに時計の中身は、(下記するサイズによる違い以外)どれも全く同じですので、当然機能も変わりません。

230万円のIT端末の中身が、5万円のIT端末の端末と同じという訳です。

それでは次にサイズと形状について考えてみます。

これも色々懸念材料があります。



Apple Watchの概要


戻る

iPhone 6格安入手

次へ

Apple Watchのサイズと形状





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る