やっと分かった 
iPhone 6 SIMフリー販売中止の理由

2015/1: 発行
2015/4: 更新



  1. はじめに、結論、iPhone 6販売開始、中国販売開始
  2. 中国での販売価格、アップル経営会議、販売中止、SIMロック解除の義務化
  3. 決算発表、シャープ赤字転落、時価総額7000億ドル超、キャリアからの圧力?
  4. 販売再開、ソニーXperia Z4発表、アップルがGoogleを抜く
  5. まとめ、予想、予告

はじめに


2014年12月9日夜。

それは突然の事でした。

かれこれ1年以上も悩んで、数か月掛けて調べて、やっとの事でお金を工面し、ついに意を決して格安SIM会社と契約して、いざiPhone 6のSIMフリー版を購入しようとApple Storeをアクセスしたのですが、どこをクリックしても購入画面に辿り着けません。

恐らく下の薄い表示画面で、選択箇所を虚しく何度も何度もクリックした方も多かったと思います。


変だな、昨日は購入画面に辿り着いたのに。

それもそのはずです、何の説明も無いまま突然iPhone 6が販売中止になったからです。

さらにそのアナウンスたるや、以下の一言です。


HPを訪ねてきた顧客に対して、最後の最後に薄い文字で”出荷予定日:注文できません”とは、何とマー人を小バカにした言い回しでしょうか。

だったら選択画面の前に書け!、と言いたくなります。

ネットで探ってみると、アップルの販売員にも販売停止に関する説明は一切無かったそうです。

そうは言っても一時的な事で、供給体制が整ったら販売を再開するだろうと思っていましたが、年明け後もまったく再開される気配はありません。

通常この様に売れ筋商品の在庫をショートさせたら、担当部署はかなりの責任問題になるのですが、全くその気配もありません。

一体何があったのかと訝(いぶか)っていると、2015/1/28にアップルの2015年第一四半期(2014年10月~12月)の決算発表がありました。

それによると、民間企業における過去最高益を記録したとの事です。

その内容を色々調べていく事で、なぜ日本でSIMフリー機の販売が停止されたのかが如実に分かりました。

恐らくそれを知りたい方は、この日本でも数万人はいらっしゃる筈ですので、ここで赤裸々に調査結果をお伝えしたいと思います。

そして本書の最後に、iPhone 6 SIMフリーの販売再開時期を予想してみたいと思います。


結論


先に結論をお伝えしましょう。

理由は驚くほど簡単です。

中国市場におけるiPhone 6の販売が、当初予想していた以上に好調で供給不足に陥ったため、利益率が低く且つ中国に転売される恐れのある日本のSIMフリー機の販売を(日本の顧客への不利益を一切顧みず、且つ一片の説明もなく突然に)中止して、それらを中国に回したのです。

日本のユーザーも舐められたものです。


背景



それではなぜ上記結論に至ったのかの背景を、時系列的に順を追って述べていきましょう。


【iPhone 6販売開始】


先ずiPhone 6が全世界で売り出されたのが、昨年(2014年)の9月19日です。

日本でもドコモをはじめとする大手キャリアが販売すると共に、アップルストアからもSIMフリー版が売り出されました。

このSIMフリー版については中国でも使えるため、当初は転売目的で中国の業者の買占めが横行しましたが、10月に中国本土でも売り出しが決定し、日本での買占め騒動はひとまず収束しました。


【中国販売開始】


そして翌月の10月17日に、中国本土でもiPhone 6の販売が開始されました。

驚く事に、初日の3日間で予約台数が2,000万台を突破したとの事です。

iPhone 6の10月~12月の全世界の販売予想台数が6,200万台(実績7,450万台)ですから、いきなりその1/3の数量の発注が舞い込んだのです。

これがいかに突出した販売台数か分かると思いますし、Appleの慌てぶりも想像できます。

一昨年(2014年)は新興国用として廉価版のiPhone 5cを用意しましたが、中国人が求めていたのはステータスシンボルとなるiPhoneの高級機だったのです。


iPhone 5c

なかでも金色のiPhone 6plusの引き合いが予想外に多く、当然ながら一部の部品の生産が間に合わず、供給が追い付かない状況が続いた模様です。




iPhone 6 SIMフリー販売中止の理由

戻る

iPhone 6格安入手

次へ

iPhone 6 SIMフリー販売中止の理由2


関連記事

AppleWatchが失敗した10の理由

格安SIM入門講座

iPhone6s Plus VS XperiaZ5

スマホデータの完全消去方法




Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る