Bluetoothが繋がらない場合の対処方法


索引

 1. はじめに

 2. Bluetoothとは
  2-1. 概要
  2-2. 名前の由来
  2-3. 歴史
  2-4. 特徴

 3. ペアリング手順
  3-1. PCをペアリング設定モードにする
  3-2. キーボードをペアリングモードにする
  3-3. PCとキーボードをペアリングする

 4. ペアリングが解除される場合の対処方法
  4-1. 不具合発生状況
  4-2. 不具合解消方法

1. はじめに


参りました。

先日までBluetooth対応のキーボードとペアリングできていたのに、そのキーボードの接続を一旦解除したら、その後何度やっても繋がらなくなってしまいました。

正確に言うと、ペアリングできたと思ったら、なぜか直ぐに解除されてしまうのです。

半日ほど悪戦苦闘してようやく繋がりましたので、その方法を忘れない内にメモしておきたいと思います。

勿体ぶる訳ではないのですが、まさかそれはないだろうという方法です。

またこれを機会に、この不安定なBluetoothとは何か、また本来のBluetoothの接続手順についてもまとめてみました。

という訳で、本記事に辿りつた方は、以下の様にお進み頂ければと思います。

もしBluetooth繋がらない場合の対処方法のみ知りたい方は、4.ペアリングが解除される場合の対処方法までお進み下さい。

初めてBluetoothで接続する方は、3.ペアリング手順にお進み下さい。

Bluetoothについてもう少し知りたい方は、以下の2. Bluetoothとはにお進み下さい。




2. Bluetoothとは


2-1. 概要


Bluetoothとは、今から20年ほど前の1994年にスェーデンの携帯電話メーカーであるエリクソン(現SONY)が開発した近距離無線通信システムの事です。

2-2. 名前の由来


Bluetooth(青い歯)という呼び名は、その昔デンマークとノルウェーを統合したバイキング王、ハーラル・ブラッタンの名前(ブラッタンの英語名)から来ており、当時乱立していた近距離無線通信規格の標準になりたいとの希望と野望が秘められています。

なおもう少し付け加えると、このバイキング王はブルーベリーが大好きだった事から、この名前が付いたという話もありますが、真偽の程は定かではありません。

2-3. 歴史


このBluetoothがウィンドウズPCでサポートされたのがXPからですので、市場で本格的に普及し出したのも2001年からと思って間違いはないでしょう。

例えば国内のVAIOノートに搭載されたのは、2011年に発売されたVAIO SRXからでした。
            

VAIO SRX           最新のBluetoothモジュール


最近のBluetooth機器同士ですと接続は比較的容易なのですが、以前は何度やっても繋がらず、かなり手こずったものです。

その理由は簡単で、20年前に開発されて以降、利便性向上のために幾度となく規格が変更になっているのと、メーカーの違いによってハード/ファームが微妙に異なるため、どうしても接続の相性に差が生じるためです。

2-4. 特徴


さて、そのBluetoothの大きな特徴は、以下の3点です。

①近距通信である。
②1対1の通信しかできない。
③セキュリーティーが非常に脆弱である。

①の近距離通信については、今更述べる必要はないでしょう。
ただし見晴らしの良い場所でしたら、10m以上の距離で通信できますので、セキュリティーに関連して注意が必要です。

②1対1の通信しかできない、という意味をもう少し説明しておきましょう。

例えば、左下の図の様に1つのPCで2つのBluetooth対応スピーカーを、同時に鳴らす事はできないという事です。
  

また右上の図の様に、2つのBluetooth対応キーボードで同時に一つのPCに入力する事はできません。

ただし下の図の様に、機能が異なれば、一つのPCでBluetooth対応スピーカーを慣らしながら、Bluetooth対応キーボードからの入力を受け付ける事は可能という訳です。

Bluetoothの接続をペアリングと呼ぶのは、そういう理由(1対1接続)だからです。

③またもう一つ余り知られていない話をしておきますと、近距離通信という事もあってBluetoothはセキュリーティーが非常に脆弱です。

ですので、うっかりBluetooth対応機器の接続設定をON(解放)状態にしておくと、他の機器から勝手に接続される恐れがありますので、注意が必要です。

これについては、いつかもう少し詳しくお話ししたいと思います。

これでおぼろげながらBluetoothの事が分かって頂けたでしょうか?


3. ペアリング手順


それでは次に、Bluetoothの具体的な接続方法をお伝えしたいと思います。

以下ではPCとキーボードの接続を例にしていますが、スマホ/スピーカー/マウス/NAVIでも基本は同じですので、参考にして頂ければと思います。

3-1. PCをペアリング設定モードにする


①スタートからコントロールパネルを開きます。


図1


②コントロールパネル(図1参照)から、ハードウェアとサウンドを選択します。


図2


③ハードウェアとサウンド(図2参照)の中から、Bluetoothデバイスを選択します。


図3


④Bluetoothデバイス(図3参照)からワイヤレスデバイスの追加を選択します。


図4


3-2. キーボードをペアリングモードにする


①キーボードの電源スイッチをONします。

②コネクトスイッチを長押しして、表示ランプが点滅したら手を離します。

3-3. PCとキーボードをペアリングする


①”PCのワイヤレスデバイスとペアリングします”の画面(図4参照)に、キーボードが表示されます。(図7参照)


図7


②表示されたキーボードを選択して、次へをクリックします。(図8参照)


図8


③”ペアリングコードを作成する”を選択して、次へをクリックします。(図9参照)


図9


④”デバイスに下記のコードを入力します”の画面が表示されます。(図10参照)


図10


⑤上記の数字(図10参照)をキーボードで入力して、エンター(Enter)キーを押します。

⑥以下の画面(図11参照)が表示されたら、閉じるをクリックします。


図11


⑦自動的にドライバーのインストールが完了し、キーボードで入力できる様になれば接続完了です。



4. ペアリングが解除される場合の対処方法


4-1. 不具合発生状況


前項ではすんなりとペアリングできましたが、私が経験した問題は、手順⑥に達っしてBluetoothデバイスにキーボードが表示されて数秒後、このキーボードがBluetoothデバイスの画面から消えてしまうのです。


図12


↓数秒後


図13


このため、同じペアリング操作を繰り返しても同じ様にダメで、PCを立ち上げ直しても、キーボードの電源をOFF/ONしてもダメでした。

すったもんだの末、以下の操作でペアリングできました。


4-2. 不具合解消方法


①上記した2‐1の手順①~2‐3の手順①まで実施します。


図14


②次に表示されたキーボード(図14参照)を選択して、マウスの右ボタンを押してプロパティを選択します。(図15参照)


  図15


③キーボードのプロパティ(図16参照)から、サービスを選択します。



図16


④”キーボード、マウス、その他用のドライバ(HID)”を選択して、OKをクリックします。


図17


④Bluetoothデバイス(スタート→コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→Bluetoothデバイス)の中に、以下の様にキーボードが追加されるのを確認します。(図18参照)


図18


⑤最後にキーボードで入力できる事を確認したら、Bluetoothデバイスの画面(図18参照)を閉じて終了です。




Bluetoothが繋がらない場合の対処方法

戻る

HDDの修理方法

次へ

HDDエラー回復方法





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご質問/サポート要請等ありましたら遠慮なくこちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る