今すぐできる1カ月で10kg痩せる方法
(必ず痩せる9つの秘策)



目次

2. 理論編
 2-5 . 年齢と体形に関する真実
  貴方のこれからの体形
  貴方がこれから成すべき事
  10代後半~20代前半の方
  20代後半の方
  20代後半以降の方

2. 理論編


2-5. 年齢と体形に関する真実


一般にダイエットと言えば、短期的に痩せる事が主目的になっているのは、間違いないでしょう。

確かに短期間に痩せる事によって、自信を取り戻せる、素敵な相手を見つけられる等のポジティブな効果も多々ありますので、それ自体否定されるものではありません。

しかしながら、短期的なダイエットを行う場合でも、貴方の体型の中長期的な傾向を掴んでおいた方が良いの間違いないでしょう。


という訳で、ここでは貴方の体型が今後どう変化するのか、そしてその現実に対して今後どう対処すれば良いかについて述べてみたいと思います。

これを知っているのと知らないのとでは、大違いですので、是非最後まで読んで頂ければと思います。

【貴方のこれからの体型】


それでは先ず、良いニュースと悪いニュースをお伝えしたいと思います。

それは貴方の現在の年齢によって、異なります。

まず貴方が10後半から20代前半の場合、喜んで下さい。
あなたは身体はようやくサナギの時代を終えて、今後徐々に細くなっていきます。

次に現在20代後半の方ですが、同じ様に喜んで頂いて良いでしょう。
貴方はの身体は、人生の中で最も美しい絶頂期にあります。

最後に20代後半過ぎの方、気を付けて下さい。
貴方の身体は、今後徐々にグラマーになっていきます。

なぜそう言えるかですが、その根拠が以下のグラフになります。

  

これはワコールが、現在50歳代の日本人女性数千人を過去数十年に渡って追跡調査してまとめた結果で、世界的にみても非常に貴重なデータです。

これをご覧頂きます様に、日本人女性(恐らく外国人女性も同じではないかと思いますが)においては、28才で身体の6サイズ(バスト、バスト下、腹部、ウェスト、ヒップ、太もも)が最小に絞られ、その後徐々に太っていくという、少々衝撃的な傾向が見られます。

さらにこのデータが言える事は、以下の通りです。

①40代後半になると、腹部のサイズが、今後バストと同じサイズになる。

②増加率の最も高いのはウェストで、25代後半と50代前半では15%アップする。

③太もものサイズはさほど変わらない。

④6サイズの平均を示した青い線は、バスト下と非常に近似のグラフになる。

⑤体重の傾きを赤線に対して、身体回りの寸法がなだらかなカーブに見えるのは、前章で説明した幾何学的な理由によるものである。

これからすると、腹部とウェストを以下にして細いまま維持できるかどうかが、30代以降の鍵になると言えそうです。




【貴方がこれから成すべき事】


本来ならば自分の未来の体型など誰にも分からないのですが、それを過去の統計データから予想できるのは画期的な事です。

まるでタイムマシンに乗って、自分の未来を見た様なものです。

としたら、年代別に未来の体型をもっと良くする対策を、以下の様に今から講じる事が可能になります。


【10代後半~20代前半の方】

先ず10代後半から20代前半の方ですが、これから間違いなく痩せますので、慌てる必要はありません

と言っても、年頃であれば誰しももっと痩せたい、もっと痩せて綺麗になりたいという願望を捨てる事はできないとは思います。

ただし20代後半で身体が引き締まるという事は、今摂る食物の多くは貴方の人体形成に大部分が費やされているとみるのが妥当ですので、それを十分認識しておく様にしましょう。

すなわち今の年齢で誤った食事制限をすると、人体組織形成に悪影響を与える可能性があるため、(いつも言われる事ですが)決して過激なダイエットはしない事です。

先のグラフに見られる様に、日本女性の誰しもが10代後半から20代前半にかけては、20代後半よりも多少ポッチャリしており、それこそが青春の証なのです。


【20代後半の方】

現在20代後半の方ですが、生物学的には一番身体の密度が高いときですので、恐らく身体能力や脳の回転もピークではないかと思います。

ですので、スポーツ、仕事、遊びと、それこそ我が世の春を謳歌して頂ければと思います。

ただしワコールのレポートによれば、一度たるんだ胸やお尻は決して元には戻らないとの事ですので、運動中は胸とお尻が必要以上に揺れない様に固定する必要があります。

いずれにしろ、これまでの青春時代から、知力体力のピークである朱(あか)い夏を迎える時期ですので、後悔しない様に活動すべきです。

またこの時期が貴方にとってベストの体型ですので、全サイズを採寸して、今後のために残しておきましょう。また子供に自慢するため、思い出の写真も一杯撮っておきましょう。


【20代後半以降の方】

20代後半が過ぎたら、間違いなく要注意の時代に入ります。

前段でお伝えしました様に、一度たるんだものはどんなに努力しても元には戻りません。

ただし、今日これを読んだ貴方は、大きなアドバンテージを持っています。

対策としては、20代後半のベストの体型を、なんとしてでも維持(死守)する事です。

すなわち右上がりグラフを、少しでもなだらかにする事です。

特に(言うまでもないでしょうが)ウエストと腹回りを、いかにして若いときの状態を維持するかです。

かと言って一時的なエステ通いや、偏ったダイエットや、ジム通いを勧める気は全くありません。

恐らく20代後半から太り始める原因は、それまでより徐々に運動量が減って且つ人体形成のエネルギーが必要無くなっていながら、それまでと同じ(もしくはそれ以上の)量の食事を摂るからだと思われます。

そのときこそ、ダイエットの基本である、必要な物を必要な量だけ摂る習慣を心がけて下さい。

しつこい様ですが、家でお菓子を食べながらテレビを見て、更にテレビに誘われてまた食べるという悪循環がない様にしましょう。

とにもかくにも、20代後半以降も美しいスタイルで居られるかどうかは、貴方の日常生活に掛っているという事です。

しつこい様ですが、ダイエットとは一時期の取り組みではなく、中長期的な取り組みである事を深く胸に刻んでおきましょう。

もし今日を機会に何か一つ変えようと思ったら、とにかくテレビを消して、外乱の影響を受けて食べ過ぎないことです。

本記事が少しでも貴方のお役に立てば幸いです。




2-5. 年齢と体形に関する真実

戻る

2-4. 食べ物に関する誤解

次へ

2-6. 肥満の根本原因





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る