今すぐできる1カ月で10kg痩せる方法
(必ず痩せる9つの秘策)





3. 実践編



3-9. 4日目:テレビを見ない


さてグラフの傾向はいかがでしょうか?

以下の様に青線に沿って減り始めていれば、しめたものです。

  

上記グラフは、実際にこれと同じダイエットを行った方のものです。

この場合理想的な出だしですが、まだダイエットを開始して実質1日しか経っていませんので、これから3日間程度様子を見てみましょう。

その間に是非知って頂きたい秘策があります。



 秘策8:テレビを見ない

ダイエットとテレビとが、一体どう関係するのかと思われるでしょう。

テレビでは決して言いませんが、関係は大ありです。

テレビで流されるcmの大半は食べ物系で、更に番組内でも料理番組から始まって、レストラン/デパ地下紹介のグルメ番組やら芸能人の食事シーンと、昼夜の区別もなく視聴者に食べろ食べろと迫ってきます。

   

またテレビの高精細化に伴い、従来より食べ物の質感が上がり、アナログテレビより明らかにおいしそうに見え、更に食欲をそそります。

さらに昨今のテレビ業界の不況の折り、作成費が抑えられて且つそこそこ視聴率が稼げるグルメネタに番組が集中する傾向があります。

実際夕方の民法の情報番組は、どなたもグルメ番組だと思って見てはいないでしょうが、調べてみると何と4割はこの食べ物関連のシーンになります。

このグルメ攻勢にさらされると、誰でも意識する事なく余計に食べてしまう事になりますので、ダイエット中は決してテレビを見ない事です。(特にダイエット開始直後は見ない事を、強くお勧めします)

筆者の勝手な試算ですが、昨今の肥満の原因は第一はこのグルメ番組の増加した事で、テレビを見ないだけで1カ月で体重3kgは減ると見積もっています。

一方でこのテレビでは、スタイルの良い女性ばかりを出演させて、スポンサーの要求通り、連日連夜食べろや食べろ、痩せろや痩せろと迫ってくるという訳です。

殆どの方は意識されないと思いますが、人の意思は外乱によって簡単に操作されますので、ここまで徹底的に食べろや食べろ、痩せろや痩せろと迫られると、どんな人間であっても確実に洗脳されてしまいます。

実際欧米では、(ご存じかもしれませんが)肥満防止のため夜9時以降のソフトドリンクcm中止が検討されている程です。

そんなテレビとは、まさに現代版の”毒りんご”と言えます。

            

毒りんごには近づかないのが、ディズニーファンの鉄則です。

なお本ダイエットにおいて最もストイックな部分は、この秘策8ですので、期間中テレビの視聴をどれだけ控えたかどうかで、貴方のダイエットに対する精神力を測るバロメータになります。

また程度の差こそあれ、ダイエットは健康面で弊害が発生する可能性もあるのですが、テレビを見ない事による健康上の弊害は全くない事も、これを強くお勧めする理由です。

テレビの視聴を控えれば間違いなくダイエットは進みますし、夕食後テレビを見ずにさっさと寝れば、秘策4で述べた様に美肌にもなるしまさに一石二鳥です。

なお情報源としてどうしてもテレビ視聴は止められないが、cmだけでも遮断したい方は、以下の様なレコーダで録画後に再生すればcmを自動で削除してくれます。(cmスキップの詳細はこちらへ



       







3-9. 4日目:テレビを見ない

戻る

3-7. 3日目:イニシャル分析

次へ

3-10. 1週間後:補正





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご質問/サポート要請等ありましたら遠慮なくこちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る