今すぐできる1カ月で10kg痩せる方法
(必ず痩せる9つの秘策)






3. 実践編


3-10. 1週間後:補正


さて一週間経過しましたが、グラフの傾向はいかがでしょうか?

もし以下の様に青色の破線に沿って進んでいれば、言う事なしです。

  

もし上側のグレーの破線から外れる(予定通り減量されていない)としたら、以下について補正を加えましょう。


 秘策5: 昼食を更に今までの半分にする

 秘策6: 毎日の運動量を増やす

すなわち、昼食をもう少し減らす、もしくはもう少し運動量を増やすという事です。

具体的には昼食を旬のフルーツのみにする、或いは階段を上るスピードをもう少しアップして少し汗ばむ程度にする。

ついでに言っておきますと、汗は体中の老廃物を一緒に体外で排出してくれますので、1日に数回汗をかくのは好ましい事です。

多少しんどいかもしれませんが、スリムなった自分をイメージすれば克服できるのではないでしょうか?

また余談ですが、ぬるめのお風呂に長めにつかりながら、水分補給するのも、老廃物を出すのに有効な手段です。


お勧め食材

従来本書では、色々な食材を少量づつ、且つ万遍なく食べる事を重視していましたので、お勧め食材は載せていませんでした。

ですが、その後何かダイエット中にお勧めできる栄養素が万遍なく含まれた食材が無いか調べた結果、ベリーが理想的な事が判明しました。

ベリーとは、イチゴやブルーベリー、ラズベリー等に代表される様に、単一の子房から生み出される多肉果のくだものを指します。


栄養素が豊富なベリー

これらのベリーには、植物繊維、ビタミン(A、B、C)、ミネラル(カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、セレン、マンガン)、ポリフェノール群(フラボノイド、フェノール酸、リグナン、タンニン、スチルベン)が、程よく含まれており、ダイエット中の食材としては理想的です。

これらを数粒づつヨーグルトの上に乗せて食するのは、いかがでしょう。


殆どデザート感覚ですが、もし我慢できるのでしたら、これを昼食代わりにすれば、減量のペースが速まるのは間違いありません。

理想を言えば、ベリー毎に主成分が異なりますので、なるべく多くの種類があればあるほど、体が潤う事になります。

余談ですが、英語名でStrawberry-raspberryと呼ばれるベリーをご存じでしょうか?


ばらいちご

沖縄では、琉球ばらいちごと呼ばれているのですが、食べると確かにイチゴとラズベリーの味がします。

2月~3月にかけて沿道で見かけますので、その時期に沖縄に行ったら探してみるのも良いかもしれません。



上記以外では以下の件について、気になる事はありませんか?

 秘策7: ストレスを感じない
(他はいつもの通りにしている)


もし気になる事があったら、これを機会に身近な人に相談してみましょう。以外に簡単に解決できる事かもしれませんし、話すだけで落ち着くかもしれません。

最後にテレビをみていませんか?

 秘策8: テレビを見ない

もしまだ見ているのでしたら、ツライかもしれませんが、思い切って止めましょう。

もし時間を持て余し気味でしたら、一石二鳥を狙ってNHKのラジオ講座、或いはどうしてもテレビを見たければNHK教育テレビ(Eテレ)で、外国語を勉強するのはいかがでしょうか。(言葉だけでなく、稀に世界の最新ダイエット情報を含め世界情勢も掴めます)

          


なお体重が瞬間的にグレーの破線から外れる事についてはあまり気にする必要はありません。

また既に痩せている方は、昼食を減らしてもこのグラフの様には減少しない事はご理解願います。




3-10. 1週間後:補正

戻る

3-9. 4日目:テレビを見ない

次へ

3-11. 2週間後:改善





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご要望等ありましたら遠慮なくこちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る