ハスラーファンは決して読んではいけない
誰も書かなかったハスラーの欠点

2015/12/15 (火): 発行



目次


  はじめに
  1位:乗り心地が最悪
  2位:横揺れが大きい
  3位:アイドリングストップ機構が最悪
  4位:信号機が見えない
  5位:斜め後方に死角あり
  6位:スイッチが見えない
  7位:温調パネルが最悪
  8位:マニュアルが酷 (ひど)過ぎる
  9位:燃費が悪い
  10位:むかつくマルチインフォメーションディスプレイ
  11位:タイヤが高い(2017/1/2 : 追記)
  12位: フロントウィンドウに流れ落ちる水(2017/2/2 : 追記)
  13位: ドア開閉の怪 (2017/3/28: 追記)
  14位:ACCに戻せないエンジンスイッチ (2017/5/5: 追記)
  15位:何とかならないかドア閉時の爆風 (2017/5/5: 追記)
  16位:見つからない市販リアワイパー (2017/7/16: 追記)
  17位:後席の背もたれが倒せない(2017/8/20 (日): 追記
  18位:ほのぼのクラクション(2017/8/20 (日): 追記
  19位:どでかいヘッドレスト(2017/8/20 (日): 追記
  まとめ

17位:後席の背もたれが倒せない

2017/8/20 (日): 追記


続く17位は、後席の背もたれです。

ある日、ハスラーの後部座席に座っている知人から質問を受けました。

座席の背もたれを、もう少し後ろに倒せないのかと。

恐らく足元かシートの横に、背もたれを倒すレバーがある筈なので探して貰いますが、(後席を前後に移動するレバーはあるものの)背もたれを倒すレバーはどうしても見つからないとの事です。

帰宅後早速ハスラーの後部座席に座ってみると、背もたれはほぼ垂直に近い形でそそり立っており、格安航空の座席以上の窮屈さです。

何だこりゃ、と思いながら背もたれのレバーを探しますが、確かにどこにも見当たりません。

こうなると、またまたあの大好きな操作マニュアルを引っ張り出すしかありません。

それを見てようやく分かりました。

後席の背もたれを倒すには、背もたれ上部に付いているレバーを引かなくてはいけないのです。


後席のリクライニングレバー

こんな所にあっては、見つからない筈です。

またもし目に付いたとしても、このレバーは(荷物を積載するために)背もたれを前に倒すものだと勘違いする方も多いと思います。

レバーの表面にはこんなに面積があるのですから、せめてこのレバーにリクライニングを示すイラストぐらい描いてほしいものです。

スズキの商品企画や営業部門は、その程度の気配りの精神を持ち合わせていないのでしょうか?

ところで、例の大好きな操作マニュアルを見て気が付いたのですが、ここにも不思議な記述があります。


ハスラーの操作マニュアル

上の抜粋をご覧頂きます様に、後席の背もたれの角度を調整するためには、後席シートから一旦降りなければいけないとの事です。

ですので、うっかり高速道路に乗って、後席の背もたれをもう1ノッチ倒したいなとおもったら、ドライバーに頼んでサービスエリアに停まって貰い、クルマを降りて、背もたれを調整して、また乗車して、また走り出して貰う必要があるとの事です。

何故なのでしょう?

後席に人が乗っていれば、後席が前に倒れても最大角度(水平)まで倒れる事は決してありません。

にも関わらずなぜシートから降りなければいけないのでしょうか?

実際前席シートもレバーを引けば背もたれは前に倒れ様としますが、シートから降りろとは一切記載されてはいません。

この矛盾は何なのでしょう?


18位:ほのぼのクラクション

2017/8/20(日): 追記


さて18位です。

ここまで来ると、次期ハスラーのために初代ハスラーの問題点を全て抽出してみせると、(報われないとは知りながらも)強い使命感を感じずにはいられません。

その18位は、クラクションです。

軽自動車ならこんなものと言われるかもしれませんが、このプープーと鳴るクラクションの音は何とかならないものでしょうか?

どうみてもおもちゃのクルマ並みの安っぽい音で、うっかり人前で鳴らしたら一生後悔する事になります。


またこの音を聞いた人達は、近くにおもちゃのクルマに乗った子供がいると思い、一瞬身構える事になるのでしょう。

音量自体は保安基準が設けられているので問題ないとは言え、この単音の調べは悲し過ぎます。

実際どこにホーンがあるか探してみると、ナンバープレートの横に小さな平型ホーンがありました。


ハスラーのホーン位置

周波数の異なる二つのホーンがあれば、もう少し高級感を醸し出せるのですが、叶わぬ事なのでしょう。

とは言え、安っぽい音のクラクションですと、鳴らす回数が劇的に減らせるという意味では、絶大なる効果はあります。





19位:どでかいヘッドレスト

2017/8/20 (日): 追記


以前、斜め後方の視界が悪い件をお伝えしましたが、もう一つ後方視界の悪い話を書き漏らしていました。

それはヘッドレストの大きさです。

下の写真をご覧になれば、いかにハスラーのヘッドレストが大きいか分かって頂けると思います。


ハスラー前席の大きなヘッドレスト

バックしようと思って振り返ると、このヘッドレストが思いっきり後方視界を妨げてくれるのです。

だったら運転席と助手席の間から覗けば良いと思われるでしょう。

すると今度は、後部座席のヘッドレストが、これでもかと邪魔してくるのです。


ハスラー後席の大きくて異様に高いヘッドレスト

上の写真を見ると、ヘッドレストを故意に上げ過ぎだと思われるでしょう。

ところがどっこい。

これは後席乗車時としては、最も低い位置(正規の位置)なのです。

これよりもっと下げ様とすると、後席を折り畳む位置までノッチ(停止段)が無いのです。

このどでかいヘッドレストはワゴンRも同様で、以前は小柄だったのですが、数年前のモデルから大型化しています。

この理由は、国土交通省の指導というよりも、自動車アセスメントの点数を良くしたいための様です


ワゴンRの後面衝突頚部保護性能試験

ですが、何事にも程度とバランスというものがあるでしょう。

こんなにも面積を広げて、一方的に後方視界を妨げて良いものでしょうか。

いずれにしろ込み入った場所を安全にバックするには、クルマを降りて後席のヘッドレストを下げるという手間が間違いなく必要になります。

そして更に問題なのは、その後です。

恐らく一度下げた後部座席のヘッドレストをまた上げるために、再度クルマを降りる事は決してないでしょう。

とすると、そのヘッドレストを一番下に下げた状態で後席に人が乗ったら、(以前の小さなヘッドレストの時以上に)後席の乗員は事故でダメージを受ける事になるのです。

これこそ正に本末転倒ではないでしょうか?


まとめ


いかがでしたでしょうか?

ここまで書くと、恐らく”そんなに嫌なら乗るな”ですとか、”だったら自分で作ってみろ”と言われそうですが、そんな事を言っていたら問題は永遠に解決しません。

問題点があれば、理路整然と事実を指摘する、そしてできれば改善策も提示する。

それこそが、次世代のために現代人が成すべき事ではないでしょうか。

クレーム (claim)と言うと、日本ではネガティブな言葉として受け取られていますが、本来の意味は”正当な要求”であり欧米ではポジティブな言葉として使用されています。

少々大仰な物言いになってしまいましたが、本書が少しでも次期ハスラーの役に立つ事を願って筆を置きます。

おっと、忘れてました。

アクセサリーソケット、スポーツモードスイッチ、チルトステアリングレバーの位置は以下の通りです。



こういったスイッチやレバーがある事を、ご存じでしたでしょうか?

ユーザーが触る箇所なら、周囲と同じ黒色ではなく事務機の様に色ぐらい変えるべきでしょう。


事務機の場合、ユーザーが触れる箇所は色分けしてある

言いたい事をたっぷり言わせて頂きましたので、次期ハスラーがもっと良くなる事を願って、今度こそ筆を置きます。





17位:後席の背もたれが倒せない

戻る

14位:ACCに戻せないエンジンスイッチ

次へ

S660の真実





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る