CM自動スキップ機能付き
三菱ハイビジョンレコーダーDVR-DW200


はじめに


三菱のDVDハイビジョンレコーダ、DVR-DW2000です。

       
     本体正面(フロントカバー閉)     フロントカバーを開けた所

三菱と聞く若干マイナーなイメージがありますが、アナログのDVDレコーダの頃からCMの自動スキップ機能を搭載しており隠れたファンも存在していました。

ハイビジョン対応となった本機も、CMの自動スキップ機能を搭載してくれましたので、その辺りをメインにご報告したいと思います。


詳細


デザイン

正面はアクリルのスモークカバーで覆われており、良く言えばシンプル、悪く言えば質素なイメージです。

なお省電力設定にしているの関わらず、電源OFF時にD.OFF(ディスクOFF)のLEDが常時赤く点灯しているのは、誰がどう考えても無駄。


機能

本機の機能は以下の通りで、最近のモバイル転送等には対応していないものの、一般的な使用において機能に不満はありません。

①2番組同時録画(地デジ/BS/110度CS/地上アナログ)
②CMの自動スキップ
③スポーツのハイライト再生(盛り上がりシーンのグラフ表示は便利)
④音楽番組の楽曲再生等
⑤過去の録画/再生パターンを元にした自動録画等、


CM自動スキップ

前記した様に本機の最大の特徴は、CMの自動スキップ機能です。

以前日立のハイビジョンレコーダにもCMの自動スキップがあったのですが、それでは2番組同時録画した場合、片チャンネルはCMスキップできず、結局録画した半分の番組はマニュアル操作でCMスキップしなければいけませんでした。

一方本機では、同時録画した両チャンネルでCMスキップが可能なため、それまでの不満が一気に解消しました。

ただしCMスキップで再生するには、以下の様に追加で5回も異なるリモコンボタンを押さなければいけないという儀式が追加されました。(業界としては好ましい機能ではないので、止むを得ないのでしょう)

①再生したい番組を選択する。
②サブメニューボタンを押す。
③決定ボタンを押す。
④▼ボタンを押す。
⑤▼ボタンを押す。
⑥決定ボタンを押す。


なおこの儀式については、外部リモコンにこの操作を登録して、1ボタンでCMスキップを呼び出す様にする事で、軽減する事は可能です。

いずれにしろ、地デジになってCMの音量が突然大きくなって辟易している方、取り溜めたニュース等を短時間で視聴したい方には最適です。

なお殆どのCMはカットしてくれるのですが、テレビショッピングの様な内容については本番組と区別できずにスキップされない場合があります。


その他

その他気になる所を、今後の期待を込めて述べておきます。

①録画リストを見ていると、突然選択中の音が早送り再生されるのはビックリして明らかに×。
②このクラスの機種では、アナログチューナは不要。
③キーワード入力による自動録画機能がほしい。

さらに本機の隠れた特徴として、ハードディスクを2TBまでアップできる様です。
この場合、何と地デジの最高画質で252時間(10. 5日間)、最長録画モードで3548時間(148日間)もの録画が可能ですので、ネットで探してみるのも良いかもしれません。

まとめ


とにかくCMをスキップしたい方には、間違いなくお勧めです。★★★★

         


なお最近のブルーレイモデルについても、同様の機能が搭載されています。

以上



CM自動スキップレコーダ


戻る

SONYオートリバースカセットデッキ

次へ

YAMAHAデスクトップオーディオ





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る