小学生でも分かるトルクと馬力の話 
(本当に早いクルマとは?)


 6. トルクと加速度の関係
  6-1. トルクから加速度を計算する方法
  6-2. ニュートンの第2法則
  6-3. クルマの加速度の求め方1
  6-4. クルマの加速度の求め方2
  6-5. GT-Rの加速度を計算する
  6-6. 加速度計算の応用編
  6-7. 加速度計算のまとめ
  6-8. 加速を良くするには
  6-9. 0-100km/hタイムの罠(2017/4/6:追加)

第6章:トルクと加速度の関係
(ニュートンの第2法則を使って、トルクから加速度を求める)


6-3. クルマの加速度の求め方1


これをクルマに当てはめると、クルマに力を加えると、徐々にスピードを増していく(加速していく)という訳です。



そこまで分かった所で上の式を書き直すと、以下の様になります。

加速度=力(フォース)÷質量


この式が何を表すかといえば、加えた力をその物体の質量で割ると、その物体の加速度が求められるという事です。

どうです。加速度は、こんなに簡単に求められるのです。

嘘だと思うなら、実際に計算してみましょう。




前段の3-2項で人がクルマを押す力を取りあえず 75kgfとしてスピードを計算しましたが、これを軽自動車(750kg)に加えたとしたら、加速度は以下の様になります。

加速度=75kgf÷750kg=0.1f


この0.1fとはどの程度の加速度かと言うと、重力の1/10という事です。



どうです。本当に小学生でも計算できるでしょう?

なお0.1fというのは本来正しい書き方ではないのですが、取り敢えず本書では0.1Gと同じと考えて頂いて結構です。

この記事のはじめに、質量(kg)と力(kgf)は感覚的には同じものだが、計算するときには分ける必要がある、と言ったのが少しずつご理解頂けると思います。

ところで、最後にこれを付け加えておかなければなりません。

かなり大柄で力持ちの方なら、実際に75hgfの力でクルマを押せるかもしれません。

とすると、計算で求めた様に、実際に0.1Gの加速度でクルマを押す事は可能です。

ただしずっと0.1Gの加速度で押し続ける事はできません。

以下のグラフの様に、もし0.1Gの加速度で押し続けるとしたら、6秒後にはマラソンの平均スピードである時速20km(人間の最高速度は36km/h)に到達してしまいますので、実際に0.1Gの加速を出せるのはほんの数秒という事になります。





6-3. クルマの加速度の求め方1


戻る

6-2. ニュートンの第2法則

次へ

6-4. クルマの加速度の求め方2






Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.



全目次

新着情報


ホーム頁へ戻る