小学生でも分かるデシベル(dB)の話



5. まとめ


まとめとしましては、以下を覚えて頂ければ後々役に立つと思います。

①デシベルとは桁数を抑えた倍率(比率)の表示方法の一つである。

②デシベルとは倍率の表示方法だが、基準値を統一する事で絶対値も表示する事ができる。

③デシベル同士の掛け算、割り算はしてはいけない。

④フォースで6dBの差とは、実際には2倍の差である。

⑤パワーで6dBの差とは、実際には4倍の差である。

⑥一般的な音のデシベル表示は、音圧(フォース)の事である。(音響パワーレベルではない)

⑦一般に市販されている騒音計は騒音レベル(人の感覚に近付ける様に補正された音圧レベル)を表示する事から、新聞/テレビで述べられる値は騒音レベルの事だと思われる。
(正確には毎回新聞社等に問い合わせするしかありません)





4. まとめ

戻る

3. 音量に関する補足

次へ

トルクと馬力の話





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ございましたら、是非こちらに。



関連記事

不確かさの話

パワーとエネルギーの違い

エントロピーの話

フォースとパワーの違い



ホーム頁へ戻る