”ハードディスクの問題が検出されました”
が表示された場合の適切な対処方法

Issued June 2014 



目次


1. はじめに

2. 現象の確認と失敗の数々
 2‐1. 再起動
 2‐2. PC診断ソフト
 2‐3. ディスクチェック


3. 原因究明
 3-1. HDD診断ソフトのインストール
 3-2. HDD診断ソフトの起動と原因解明
 3-3. 新たな問題


4. 復旧作業
 4‐1. HDDの丸ごとコピー機の入手
 4‐2. 交換用HDDの入手
 4‐3. HDDの丸ごとコピー


5. 動作確認

6. まとめ

7. 予告編

5. 動作確認


HDDのコピーが完了したら、早速新しいHDDを外したのと逆の手順でPC本体に取り付けます。

全て組み立て直したら、早速電源を入れてみます。

ドキドキの瞬間ですが、楽しみな瞬間でもあります。

この場合、無事ブートストラップも通過し、(例のエラーメッセージも消え)パスワード入力まで達しました。

そしてパスワードを入力すると、見事に元通り復旧しました。

一度新しいHDD用のドライバーが自動でインストールされましたが、全く元通りに稼働します。

誰にでも簡単にできますので、是非試して下さい。




6. まとめ


最後にまとめです。

”ハードディスクの問題が検出されました”との表示が出たら、以下の様に対応する。

①速やかにバックアップを取る。
②HDDの無料診断ソフトをインストールして原因を特定する。
③HDD丸ごとコピー機を入手する。
④PCと同型のHDDを入手する。
⑤PCから取り出した不良PCの内容を丸ごと新しいHDDにコピーする。
その際リードエラーが発生したらスキップする。
⑥新しいHDDをPCに組み込む。
⑦PCの電源を投入し、問題なく稼働する事を確認する。
⑧終了


7. 予告編


災い転じて福となす。

今回HDDの丸ごとコピーで、PCの使用環境を完全に維持したまま、HDDを簡単に交換できる事が分かりました。

とすると、この方法を利用してHDDを現在の1TBから2TBに変更する事もできるかもしれません。

近々に試して結果をご報告しますので、乞うご期待

とお伝えしまま時間が経過しましたが、実際に試してみましたので、興味がある方はこちらへ。




5. 動作確認

戻る

4. 復旧作業

次へ

HDDの容量アップ





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る