”使用可能なバックアップがありません”
の対処方法

December 2015




はじめに


iPhoneが突然壊れました。

正確に言うと、いくらリセットしてもiTunesに接続してもリンゴマークのままで、どうしても起動してくれません。


昔からApple機器を使っている方なら毎度おなじみの光景かもしれませんが、パブロフの犬と同様に困っているときに延々とこのリンゴマークを見せられると、このマークを見ただけで苛々してきます。

しょうがないので急きょ中古のiPhoneを購入して、iCloudから新しいiPhoneにバックアップデータを取り込もうとしたら、無情にも以下のメッセージが表示されました。



使用可能なバックアップがありません

エッ、な、なぜだ?

例えスマホであっても、バックアップが紛失した事による損失は計り知れません。

ですが、試しにPCから自分のアカウントのiCloudにアクセスすると、そこにはしっかりバックアップは残っています。


PCから呼び出したiCloudの画面

ただしこのデータをiPhoneに取り込むのは容易ではありません。

Appleの公式サイト(下表参照)を見ても、分かり難い日本語のヒントはあるものの、適切な対処方法は一切記されていません。

復元の警告メッセージ 説明/解決方法
「使用可能なバックアップがありません」 入力した Apple ID にオンラインのバックアップがなく、その Apple ID から復元を行おうとした場合に、この問題が起こります。

バックアップがない場合、復元先のデバイスより新しいバージョンの iOS で作成したバックアップを復元しようとしている場合、または 複数のアカウント をお持ちで、iCloud で誤ったアカウントをお使いの場合に、この問題が起こることがあります。

複数の iCloud アカウントをお持ちで、誤ったアカウントから復元しようとしている場合は、いくつか前の手順まで戻り、正しい Apple ID を入力する必要があります。

だからAppleは嫌いなのです。

なぜ原因毎にきちんと対処方法を書かないのでしょう。

ここには以下の二つの原因が述べられていながら、対処方法はその内の②に関してしか述べられていません。

①iOSのバージョン違い

②iCloudのアカウント違い

という訳で、同じ様にひどい目に遭った方に、Apple社に代わって対処方法をお知らせ致します。

なお本書ではiPhoneを元に作成していますが、iPadやiPod touchでも同じです。


原因


それでは最初に、iCloudにあるバックアップが呼び出せなかった理由をお伝えしたいと思います。

理由は非常に簡単で、新しく購入した中古iPhoneのiOSが、バックアップした(壊れた)iPhoneのiOSより古かったためです。

iCouud内にバックアップが実在するかどうか、そのファイルがどのiOSで記述されたかぐらいは、Apple側で簡単に分かる筈です。

にも関わらず、一律に”使用可能なバックアップがありません”と表示する、Appleの安直なユーザーインターフェースにはいつもながらうんざりさせられます。

それもIT機器で最も重要なバックアップデータですから、尚更です。

恐らくこの日本語の意味する所は、”使用可能なバックアップがありません”、でも”使用できない新しiOSで取り込まれたバックアップならあります”という意味を含ませているのでしょう。

それはともかく、原因が分かれば対処は簡単です。





対処手順


それでは対処手順です。

本書をご覧になった方のiPhoneは、恐らく以下の状態で止まっているのでしょう。


そして、当然ながらiTunesにバックアップは取っていないのでしょう。

となったなら、事は非常に簡単です。

後は以下の手順で対処願います。

①上の状態で、躊躇なく”新しいiPhoneとして設定”を選択します。

②続いて、Apple IDやらiCloudやらiPhoneを探すやらの設定を適当に行い、アクティベート(IT機器を有効にする処理)を完了させます。

なお後程もう一度アクティベートを行いますので、ここではいい加減に設定して頂いて構いません。

ただし、次にiOSの更新をしますので、Wi-Fiの設定だけはしっかりしておいて下さい。

③設定が完了すると、訊かれてもいないのにiOSを更新しますかのメッセージが現れますので、最新のiOSに更新します。

④iOSの更新が終わったら、再度アクティベートを行いますので、以下の手順でiPhoneの初期化を行います。

[設定]→[一般]→[リセット]→[すべてのコンテンツと設定を消去]→[端末のパスコードを入力]→[iPhoneを消去]

⑤iPhoneの初期化が完了したら、iOS設定アシスタントが表示されますので、メニューに沿ってまたWi-Fiの設定を行います。

⑥「iPhoneを設定」画面が現れますので、[iCloudバックアップから復元]を選択します。

⑥おめでとうございます。

前回と異なり、今回は以下の様に過去のバックアップファイルが表示されると思います。


この中で一番新しいファイルを選択して、新しいiPhoneにバックアップデータを読み込みます。

⑦アクティベートが完了したら、写真やメールに昔のファイルが入っている事を確認して終了です。

お疲れ様でした。

次回は面倒でも使いにくいiTunesにバックアップを取りましょう、などとは決して言いません。

早くアンドロイドに変えましましょう。




”使用可能なバックアップがありません”の対処方法


戻る

iPhone6 VS Xperia Z3

次へ

Apple Watch





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る