いきなりバックアップから復元してはいけない
iPhoneの正しい復元方法

January 2016




はじめに


ご自分のiOS機器が突然起動しなくなった貴方。

具体的には、いくらリセットしても以下の様な画面のままで、iPhoneやiPadが起動しなくなった貴方。

 
二度と見たくない無限リンゴマークとiTunes接続要求画面

こうなると、当然(他に選択肢が無いので)PCのiTunesに接続して、最初にアップデートを試みるものの失敗して、結局復元を選択されるでしょう。


読めば読むほど複雑怪奇なタイトルを付けたiTunesの復元/アップデート選択画面

さてその次は?

もしかしたら、iTunesやiCloudに保存してあるバックアップを使って、いきなり復元させ様としていませんか?


iTunesのリカバリー画面

待って下さい。

復元で先ずやる事は、”新しいiPhoneとして設定”するです。





”新しいiPhoneとして設定”する理由


”新しいiPhoneとして設定”すると、誰しも過去のデータが全て消去され工場出荷状態に戻ると思われているでしょう。


明らかに日本語がおかしいiTunesの選択画面

実際iTunesの選択にも、復元をクリックするとすべての設定とコンテンツが消去されるとあります。

でも、違います。

PCも同じですが、OSとユーザーのデータとは仮想のパーテションで区切られてメモリー内に保存されています。

このため、もしiOSが壊れていてもユーザーデータに問題なければ、iOSだけ書き換えれば(再インストールすれば)ユーザーデータはそのままにiPhoneが復帰する可能性が高いのです。

実際それだけで殆どの場合、元通りに復元できます。

それでもし本当にユーザーデータが消えて立ち上がったら、そのときこそバックアップデータを使って復元すれば良いのです。

こういう大事な事が、Appleの公式HPには一切書かれていません。

だから次第に大事なユーザーが離れていくのです。


”新しいiPhoneとして設定”する方法


さて、”新しいiPhoneとして設定”する方法は簡単です。

以下の様に前述のリカバリー画面から、”新しいiPhoneとして設定”を選ぶだけです。


iTunesのリカバリー画面


iPhoneのリカバリー画面

いきなり”新しいiPhoneとして設定”しても、何一つ弊害はありませんので、是非(というより必ず)お試し頂ければと思います。


まとめ


まとめとしては、万一iOS機器が立ち上がらなくなったら、いきなりバックアップから復元しないで、先ずは新しいiOS機器として立ち上げるです。

覚えておいて損はありません。




iPhoneの正しい復元方法


戻る

iPhone6 VS Xperia Z3

次へ

Apple Watch





Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
This site is link free.

ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る