素人でもできる
HDDの修理と復旧方法

2012/12: 初版
2017/11: 更新


目次


  1. はじめに
  
2. HDD故障の現象確認
  
3. HDD故障の原因究明
  
4. HDDのソフト故障
  5. HDDのモーター回転不良

  6. HDDの回路基板不良
   1)概要
   2)必要な物
   3)USB変換アダプタとの接続
   4)回路基板の取り外し
   5)交換用回路基板の取り外し
   6)回路基板の交換及び動作確認
   7)不揮発性メモリーの探索
   8)不揮発性メモリーの交換
   9)動作確認

  7. 専門業者に依頼する



6. HDDの回路基板不良1


1)概要


HDDがハード的に壊れたからと言って、諦めるのはまだ早過ぎます。

先ずは下のHDD単体(3枚の写真)をじっくり見て下さい。

     
 上面             側面             裏面

これはウェスタンデジタル社製のATA(早い話がパラレルIFの事です)規格のHDD(250GB)ですが、何か気が付きませんか?

このHDDに限らず、全てのHDDは密閉されたディスク(円盤)の入った筐体と回路基板から成り立っています。

   

HDD内部の円盤(ディスク)    HDDから取り外した回路基板


という事は、もし故障の原因が回路基板ならば、壊れた回路基板だけ交換すれば済む筈です。

ただし1点注意(素子交換)が必要ですので、それを含めて順を追って説明したいと思います。

なおこの頁に直接訪問された方のために、一部重複があります事何卒ご容赦願います。


2)必要な物


さて、作業に取り掛かる前に、先ずは必要な物を列挙しておきましょう。

①壊れた単体HDD

これは当然お手元にあると思います。

もしまだPCや外付けHDDの中でしたら、分解して抜き出して下さい。


②同タイプの正常な単体HDD

次に必要なのが、故障した単体HDDと同型の単体HDDです。

  
正常HDD    故障HDD      正常HDD   故障HDD

これは同じ型番でも、コストダウン等で微妙に素子や形状が異なる場合があるので、できればシリアル番号が近い物がベストです。

古いHDDは新品では購入できないため、ネットオークションで探す事になりますが、結構見つかります。


③USB変換アダプタ(USB-ATA/SATA変換器)

これはHDD単体に電源を供給し、更にPCと単体HDDをUSBケーブルで接続するアダプターです。

修理だけでなく、使わなくなったHDD単体を外付けHDDとして使えますので、1台購入しておきましょう。

     



⑤半田、半田こて、半田吸い取り線

これらは素子の取り付け、取り外しに使います。

半田と半田こてはご自宅にあるかもしれませんが、半田吸い取り線も用意しておきましょう。


       


④基板取り外し工具(★型ドライバ)

HDDの基板は、特殊なビスで止められています。

ですので、基板の止めビスの頭(正確には穴)の形状を見て、その形にあったドライバーを購入します。

不思議なことに、わざわざクルマで出かけて地元の量販店で買うより、アマゾンで購入した方が安い場合があるから驚きです。

       

それぞれの工具の使い方については、手順の中でご説明するとして、次からはいよいよ復旧作業に入ります。




6. HDDの回路基板不良1

戻る

5. HDDのモーター回転不良

次へ

7. HDDの回路基板不良2


ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.





ホーム頁へ戻る


サイト紹介

HDDにトラブルが発生した場合の対応方法を、実体験を元にして分かり易く解説しています。

これをお読み頂ければ、現在のHDDの状況を正確に把握できると思います。

そして必ずや道は開けると確信していますので、是非とも参考にして頂ければと思います。


▼ 1. Torque and Horse Power

2. Automobile

3. Wheel Alignment

4. Security Area

5. PC & HDD Area

▼ 6. Mobile Area

7. Science Area

▼ 8. Diet Area

▼ 9. Insurance Area

10. Sports Area

▼ 11. Emotional Area

▼ 12. Consumer Area