任意保険は義務ではない
誰も書かなかった自動車保険の目安



Since 2012

索引
1. はじめに
2. 自動車保険の選択基準
3. 結論

4. 自動車保険の7つの疑問
 1)なぜ自動車保険の説明は分かり難い?
 2)貴方と保険会社との関係?
 3)自動車保険には必ず入らなければいけない?
 4)自動車事故に合う確率は?
 5)自動車保険に入る必要性は?
 6)自動車事故を起こしても謝ってはいけない?
 7)事故に合ったらどうするか?
5. 自賠責保険の補償内容
6. 基本補償
7. その他の補償・特約
8. まとめ
9. 結論


4. 自動車保険の7つの疑問


3)自動車事故に合う確率は?


さて次に認識しておく必要のあるのは、実際に交通事故に合う確率です。

以下は1950年(昭和25年)から20112年(平成23年)までの国土交通省発表の交通事故発生状況の推移です。

     

2000年(平成12年)以降、交通事故は減少傾向にはあるものの、2011年の交通事故件数が約70万件、負傷者数が90万人、死者数が4612人(その内65歳以上が49%)ですので、1日に13人、およそ2時間で1名亡くなっている計算になります。

かなりの頻度とも言えますが、良く考えてみて下さい。

日本の人口は1億2665万人もあるのですから、負傷者の比率は日本全体の0.7%で、さらに死亡者は0.004%で癌による年間死亡者数(35万人)の1/76です。

また日本の免許保持者数は約8千万人ですから、それから単純計算するとドライバー115人に1人が年間に1回事故を起こし、1.7万人に1人が年間に1回死亡事故を起こしている事になります。

ただしこの死亡者数の中には、酔っ払い運転の被害者(全体の7%)、あるいは大型バス/トラック事故の被害者、無謀運転の被害者、バイクを含む単独死亡事故、歩行者の無謀横断/徘徊、道路のがけ崩れ等と、ありとあらゆる交通事故が含まれています。

ですので、酔っ払い運転も、バス/トラックの運転も、無謀運転もしないごくごく一般の方が100%悪くて相手を死亡させた件数は、これよりはるかに少ないのは間違いありません。

生憎その様な統計値は集計されていないのですが、仮にそれによる死亡事故者数が、全体の1/10だとすると、年間に死亡事故を起こす可能性はドライバー17万人に1人となります。

更に現行の交通法規は、大昔から改善が加えられ、交通事故を防ぐのに有効なものになってきていますので、もし交通法規をしっかり守る優良ドラバーであれば、恐らく死亡事故を起こす確率は、100万人に1人程度にまで減ると思われます。

何が言いたいかと言えば、偶発的な接触事故は確かに避けられないものの、余程無分別な運転をしない限り死亡事故を起こす可能性は、実際の所限りなく低いという事です。

これをどうみるかは皆さんの判断にお任せするとして、この様に大事な情報を保険会社は全く伝えないで、ただただ不安だけ煽る情報だけ伝えるというのは、いくら保険会社とはいえ問題ではないでしょうか?

また後述しますが、公道を走る全ての車両は強制保険に加入していますので、万一あなたが死傷事故を起こしても最大4千万円が支払われるという事を忘れてはいけません。




3)自動車事故に合う確率は?

戻る

2)貴方と自動車保険会社は対等か?

次へ

4)自動車保険には必ず入らなければいけないのか?



Copyright (c) 2010 Urban Cafeteria
Any reproduction is prohibited without permission.


ご意見、ご感想等ありましたら是非こちらに。
Your response would be highly appreciated.




ホーム頁へ戻る